共立測量登記事務所からのお知らせ

2016年09月08日

境界が決まらない!

いつもお世話になっております。

今月担当の池富嗣勇です。

近隣が非協力的で境界が決まらない!

どうすればいいのか?


調査士が行う境界確定測量とは、

境界が不明な場合や、地積確定をしたい場合に行うのが主です。

境界が確定するまでの大まかな流れは下記のとおりです。


近隣挨拶・資料調査

測量

検討

境界立会



立会では、測量や検討した結果を分かりやすく関係人に説明し、
そこで合意に至れば、境界確認書を取交します。

関係人との書類取交しが終われば業務完了といえます。


しかし、合意いただけない場合があります。


代表的な事例としては、


@利用状況の変動により、もともとの境界と占有部分のラインが相違してしまっていること。

A隣人関係のもつれにより、非協力的であること。



があげられます。

その場合、立証資料により説明したり、訪問をしたりして、確認をお願いしますが、

それでも不可能な場合以下のような4つの解決方法があります。


(1)ADR(弁護士と調査士で協議・協働し、話合い解決を行います)

(2)筆界特定申請(法務局主動で筆界を特定します)

(3)筆界確定訴訟(筆界線を確実に決めます)

(4)所有権確認訴訟(時効取得等視野に入れ行います)



ここでは、利用しやすい筆界特定について説明します。

筆界特定とは、筆界を現地で特定することをいい、
特定できない場合はその位置の範囲を特定することをいいます。


筆界特定のメリット

・筆界特定が完了すると、筆界特定図面が法務局に永久保存されます。

・筆界特定により、登記が可能となります。(分筆や地積更正)


筆界特定のデメリット

・境界標設置はできません。設置には当事者の合意が必要であり、
 設置するには新たに境界標の設置を求める旨の訴訟を行う必要があります。

・想定した境界線ではないところに筆界が特定されることがあります。

・期間は約9か月ほどかかります。
 (訴訟だと期間は長いため、筆界特定のメリットとも言えます)

・申請費用、測量費用で数十万円かかります。
 (訴訟だと費用負担は大きいため、筆界特定のメリットとも言えます)

・筆界が特定されなかった場合、筆界線が線で決まらず、範囲で決まる場合があります。
 (線で決まることがほとんどです)


筆界特定は便利な制度ですが、


一番重要なことは、


境界紛争とならないために、

測量実施前に関係人にしっかり挨拶すること、

測量をしっかり行い、
既存資料等の検証を行ったうえで立会を行うことです。


今後も気を抜かず業務に励みたいと思います。


ご不明な点ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


土地家屋調査士法人共立測量登記事務所
 土地家屋調査士 池富嗣勇

【東京オフィス】
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5−2−17
フラッツイトウ1F
TEL:03-5367-9939 FAX:03-5367-9940
URL:http://kyoritsu-sokuryo.com/
E-mail:iketomi@kyoritsu-sokuryo.com

【横浜オフィス】
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-27-7
ピュアハイツ台町308号室
TEL:045-290-9037 FAX:045-345-3290
posted by 土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所 at 20:56| Comment(0) | 共立測量登記事務所通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

境界・筆界について

境界・筆界について

土地家屋調査士の横田教和です。

今回は、境界と筆界について、書きたいと思います。

今さらそんな事知ってるよと思われる方も大勢いらっしゃると思いますが、
再確認のためにも読んで頂ければ嬉しいです。


■境界(所有権界)とは・・・

 「私法」上の境界
一般的には、「所有権界」と呼ばれます。
@所有権の範囲を示す線
A所有者間の合意などによって,変更することができる

■筆界とは・・・
 「公法」上の境界
@土地の区画を示す線
A分筆や合筆等の登記によらなければ,筆界は変更することができない
     ★そして土地家屋調査士が扱う境界はこの筆界です。


公法上の境界「筆界」と私法上の境界「所有権界」は、元々一致していた訳ですから、現在も一致している場合が多いと言えますが、

一筆の土地の一部を売買したにも関わらず、分・合筆登記がされていないとか、

土地の一部が時効取得されたとかで、「筆界」と「所有権界」が一致しなくなってしまった土地があります。

このような土地は、将来、境界紛争になる可能性を秘めた土地です。

境界紛争を未然に防ぐためには、過去の経緯を知っている人が元気なうちに、「筆界」と「所有権界」を一致させる必要があります。

しかし、「筆界」は、神のみぞ知ると言われるように、現地に復元することが非常に難しい境界です。
実務では、隣接地の所有者に協力して頂き、「所有権界」を確定して、「所有権界」から「筆界」を類推するという手法を取っています。

つまり、隣接地の所有者の協力が非常に重要になってきます。
隣接地の所有者と良好な関係があるうちに、境界を確定することをお勧めします。
そして境界標が亡失している場合や動いてしまっている場合には、隣接地の所有者に立会確認をして頂き、新たに境界標を設置いたします。
境界標の重要性を下記に記載しておきます。


◆境界標設置の5つの効用◆

1.境界紛争がなくなります。
  境界標が現地に設置され、図面や資料で客観的に認識できれば、
  境界紛争は起こらないはずです。
2.土地の管理を所有者によってできます。
  自分の財産は自分で管理。
  境界標を設置しておけば、家族でも管理することが可能です。
3.費用負担の軽減になります。
  コンクリート杭や石杭は、木の杭より若干費用が高くなりますが、
  将来腐敗して亡失した場合に復元することを考えれば木杭に比べ
  てはるかに低廉となります。
4.取引や相続が迅速に行えます。
  もし、譲渡や相続等が発生し土地を分割する場合に、境界標が設置
  され図面や資料が残っていれば、迅速に処理ができます。
5.地図づくりの布石となります。
  日本の地図づくりは、諸外国に比べて遅れています。
  将来国が体系的に地図を作るときにも境界標は不可欠です。
  つまり、境界標を設置することは、あなたが地図づくりに参画する
  ことになります。




本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。


土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所 
代表 横田教和
posted by 土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所 at 20:53| Comment(0) | 共立測量登記事務所通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページの先頭へ