共立測量登記事務所からのお知らせ

2015年11月16日

癒しの新宿御苑

池富です。


事務所のすぐ近くに(徒歩1分)、新宿御苑があります。


__ 2.JPG
天気は良くないですが幻想的な写真が撮れました。


__ 1.JPG

__ 4.JPG

__ 3.JPG

入場料は200円、
ふと時間ができた時に散歩しに行きます。

posted by 土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

霜月

すみません、健康診断のバリウムがお腹で固まったらしく
かなり便秘ぎみの堀です。
ほんとうに便が固くて痔になりそうです。


あと半月ほどで師匠が走り出すはずですが
もう我々は走らされてます。
そうなんです。
年内に仕事を終わらせようと思うと
今が正念場なのです。
また
「なんとか年内に捻じ込んで!」という依頼も
今頃に来るタイミングです。
「まだ一か月半あるから…」
とお客様はおっしゃられます。
ですが…

もうクリスマスを過ぎると役所もそうですが
近隣の地主様の対応もかなり渋くなります。
羨ましい方々ですと
「クリスマス過ぎから旅行に出かけ
 一月中旬までバカンスだ!」

一度で良いからそんな生活してみたい!!!!!



とぼやいていても作業は進まないので
仕事に戻ります。


はぁ〜
posted by 土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所 at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

公図について

こんにちは、共立測量の 田畑です。
今回は公図について書かせていただきます。

登記所には、土地の境界を明確にするための資料として地図が備え付けられる事になっています。
公図は、地図が備え付けられるまでの間、地図に準ずる図面として地図に代わって
備え付けられている図面で、土地の大まかな位置や形状を表すのものです。
公図の多くは、明治時代の地租改正に伴い作成されたものです。
徴税の参考資料として作成されたこと、当時の測量技術等の理由で、現況とは一致しない事があります。
ただし、公図のほかに土地の位置や形状を示す公的な資料がない地域では、土地の大まかな位置や形状を
明らかにできる点で資料価値があるため、現在も利用されていたます。
現在、地籍調査という事業が実施され、公図を正確な地図に換える作業が進められていますが、
都市部では大変時間と費用が掛かるため、なかなか進んでいないのが現状です。
都市部において正確な地図がある地域は2割程です。

公図と現況がずれていても、公図はあくまで土地の大まかな位置や形状を知るための資料ですので
これによって所有権が左右されることはありません。
ただし、土地の区画について、現況とずれている公図しか資料がない地域では、過去の測量が正確で
なかったため、登記されている土地の面積が間違っていることがあります。

土地の売買をする際には、お隣との境界を確認して正確な面積を出すことが条件になることがありますし、
お隣との境界がはっきりしていないと、思い通りの時期や金額で売れなかったりすることがあります。
また、境界をめぐるトラブルを防止するためには、お隣と確認のうえで境界標を設け、その管理をしっかり
することが重要になります。
機会があれば、お隣と立会いのうえで正確な実測図を作成されることをおすすめします。

posted by 土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所 at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページの先頭へ